年間学費20万円で英語、中国語、ベトナム語などが学べる留学を紹介しています。

4年間で大卒などもしっかり取れる為に気になる方は下のボタンからサイトに飛べます

>>年間学費が20万円の留学先はこちら

スポンサーリンク

僕の現在の目標はHSK5級に合格なのですが(6月の試験でHSK5級に192点で合格しました)

今日は僕がおこなっているHSK5級の作文の勉強方法を紹介したいと思います

HSKの試験って日本国内でも頻繁に行われている為に
そんなに真剣に勉強をしていないのですが!

HSK5級のリスニングとリーディングは難しくない・・

ただ厄介なのがHSKの作文(写作)問題です


スポンサードリンク

HSK5級の作文(写作)の勉強法ってあるの?!

HSK5級を受験されている方々にお聴きしたいのが、どうやって作文を勉強しているんですか?!

80文字の作文を2つ作るのって、簡単だけど・・・
漢字が書けないです

なので僕が現在行なっている勉強法は至ってシンプルで

中国人の先生と一緒に100円で買ってきたホワイトボードで練習する方法を採用しています

中国人の先生に、簡単な例文を発音してもらい
その漢字を書けるか?どうかの練習です、しかし意外と難しくて、書けません・・・

普段はタイピング入力でしか中国語を使わないですし
これまで合理性を考えて、ノートに書くという勉強を一切してこなかったツケが回ってきています


この「口を鍛える中国語作文」の初級編の内容を中国人の先生に発音してもらい
ホワイトボードに記入して練習していました

この勉強法の効果は物凄くありました。

(追記作文は69点で合格できました)



スポンサードリンク

HSKの作文は年配者に有利?!非合理的な勉強法を用いている人にも有利

暗記方法がネット上に拡散されて以降、多くの方がノートに単語を書く事をやめたと思うのですが
逆に書いて覚えまくった人には、物凄く成果が出やすい試験かもしれません

それと確実に言えるのは、年配者の受検者に絶対に有利
年配者は漢字が書ける人が多い(あくまで僕のイメージ)ので、HSK5級の作文問題に対応できると思います

最後に

やっぱり「」も必要だと思います

こちらは2月に受験したHSK4級の試験結果なのですが
作文問題で86点をとれました

理由は試験前日に中国人の先生とSkypeで作文の過去問を解きまくり
試験本番では作文5問中、3問の問題が過去問とほぼほぼ同じ内容で出題されたので、暗記して文章をそのまま記入しました。

10問の並び替え問題で、若干間違えたりしたと思うのですが
86点は個人的に上出来なので、「構文暗記」「文章丸暗記」が作文を攻略する大きな鍵になる事は、間違えなさそうです

今回の僕の目標は

65%+65%+50%でHSK5級を突破できたらと思います

また更新します


スポンサードリンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク
ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事