スポンサーリンク

時間の経過は早いもので、この自己満足ブログを開設して1周年が経ちました

台湾にワーホリに行った時から、実は戦略的目標として台湾の国立大学の本科生合格を狙っていました

結構底辺を強調したブログでしたが、実は台湾に入国した時の僕のスペックは英語が流暢に話せる状態でした、なのでコミュニケーションは基本的に全て英語で行っていましたし、日本語が話せる台湾人も多く、物凄く助けられました。

無事に台湾の国立大学に合格したのですが、色々とあって現在はベトナムのハノイ市に在住しており、ベトナムの大学に正規留学しております

今日は1年間を振り返っていきたいと思います

何で台湾にワーホリへ行ったのか?

台湾ワーホリに関しては実は大した理由はなく、ワーホリビザを貰えるので行ってみました

嫌だったら帰れば良いやと思っていたので、熱い気持ちもなく台湾へ行きました

最初から台湾の大学に本科生と行きたいと考えてたので、どうやって情報を集めるのかにフォーカスをしていました。

結果的に合格できましたが、入学をやめました

何で台湾の大学を辞退したのか?!

まあこれに関して言えば一種の強迫観念だと思います。

今は国際社会で英語や中国語を話せる日本人も多く、教育も資本主義で親の支援を受ける学生達が強く、この中で勝負するのが怖かったからです。

ベトナム語の需要は物凄くあり、まだ学習者も少ないので、競争がない場所に参入して、そこで努力をした方が良いと思ったからです。

マクロ経済を見ていくと、中国語を学んでも対して良くないぞと思った為に、軌道修正をしてベトナムに行きました。


スポンサードリンク

ずっとベトナムにいるの?!

3年次編入で台湾の大学を狙いに行きます。

ベトナムに対して好きだとか、ベトナム語を学びたいとか熱い気持ちはなく、保険としてベトナム語の能力をとっておきたいと思いましたし。

ベトナムの大学には千人くらい中国人留学生が在籍しており、中国語環境はあります

なのでベトナム語、中国語、単位をとって3年次編入で台湾の大学に滑り込めたらと思っています

最後に今後の方向性

今後日本は労働人口が減って行き、ベトナムからの労働者が必要な時代がやってくると思います。

現在ベトナムは人口が1億人近くもいて、ベトナムで日本語が第一外国語になり、たくさんの人が日本語を学習しています。

TPPにも加入し、物凄く未来を感じる為に、2年間は必死にベトナム語を学び、今後の自分の未来に繋げて行きたいと思います。

もちろん中国語や英語も引き続き学習して、最強のマルチリンガルになれるよう努力して行きます

また更新します。

スポンサーリンク
ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事