スポンサーリンク

昨年の11月上旬に行われたTOCFL(華語文能力測驗)以来、2回目のTOCFLを大阪で受験しました!

日付 3月11日
場所 大阪梅田

今回日本国内で受けたTOCFLの試験が台湾との試験とかなり違っていたので紹介したいと思います。

台湾と日本でTOCFLを受験する場合どちらが有利?!!

実は同じTOCFLを受験するにしても、日本国内と台湾国内では大きなギャップがあります!
そして結論から言いますと

絶対に台湾で受験するべき

先ず台湾で受験する場合のメリットを2つあげると

その日に結果が出る

パソコンでの試験で、リスニングではヘッドホンが使用できる!

台湾でTOCFLを受験する場合1人1台パソコンを利用して試験を受けます
リスニングでもヘッドホンが使えるので音がはっきり聴こえるメリットがあります。


スポンサードリンク

日本でTOCFLを受験した場合はその日に結果が出ない?!

日本国内ではパソコン方式ではなく、マークシート方式が採用されていました。
その為に、試験終了後マークシートを回収し、台湾へ送る為に、試験の結果が即日に出ません!

リスニングラジカセを使用して、台湾のようにヘッドホンが着用できない分、予想以上に聴き取りが難しかったです。

場所が梅田って事もあり、外からの喧噪もあり、試験会場としては最悪でした・・・・

国によってTOCFLの難易度が変わってくる?!

答えは「はい」変わってきます・・・・・

一応保険の為に午前中に band Aの試験も受けました!
試験前夜にyoutubeにアップされていたベトナムで行われた試験をやってみたのですが

リスニングは1問だけ間違えて、手応えの感触はバッチリありました。

しかし実際に試験を受けてみたら、リスニングのスピードが速すぎ・・・・笑
前夜の自信はどこへいったのか?!

試験終了後、多くの方が「リスニング難しかったよね?!」って口にしてたので
同じTOCFLの試験だと言っても、主催される国によって若干難易度も変わってくると思います。


スポンサードリンク

結論

もし試験を受ける場合絶対に台湾で受験する事をお勧めします!

試験官も「結果は30日以内に輸送で送ります」って言ってたのに、試験終了から40日近く経つが未だに試験結果が届きません!

結構いい加減です!

中国語の試験ならHSKの方がお勧めかもしれません・・・・

中国語勉強5ヶ月でHSK4級を受験してみたら261点だった!

TOCFLの結果が届いたから公開してみる

また更新します

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク
ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事