スポンサーリンク

今日は日本国内で主催されたHSK5級の中国語試験を福岡の会場で受けてきました

場所は国立九州大学大橋キャンパス
5級の受験者は僕を含めて計29名でした

僕にとって今回が初めてのHSK5級の受験だったのですが

正直今までHSKをバカにしていました

60%取れれば合格なんでしょう?!

そんなに難しくないよね?って感じで完全に調子に乗っていました(底辺のくせに)

理由は過去問を1回だけ解いたら合格点を超えてたからです


スポンサードリンク

どこで歯車を狂わせてしまったのか?!

今は本当に懺悔をしたいです(十字架に吊るして欲しいくらい)

5月27日にTOCFLという台湾の中国語の試験があった為に
HSKの勉強を始めたのは6月に入ってからです

HSK5級試験日の10日前に、時間も測り、過去問を1回分だけ解いてみたら
なんか余裕で合格点に達していたので
まあ本番も60%くらいはいくんじゃないかな?!って本気で信じ込んでいました

公式問題集を2冊も購入したのに
2013年度版の第1回分だけ解いて以降は、見事に1度も手をつけませんでした!笑

過去問を1回分解いてみた時に、リスニングは75%くらい正解?!

リーディングは時間が足りず、7問くらい残してしまったのですが
正解回答率が70%くらいに達していたので

作文(写作)さへやれば合格できるんじゃない?!って考えて


スポンサードリンク

6月1日から試験日の6月10日までは、中国人の先生に作文のテーマを送ってもらい
本当に適当に作文の練習をするだけでしたし
同時にベトナム語やTOEICの勉強もしていたので
HSKにフォーカスをしませんでした

本当にHSKの試験を舐めていたのも事実です

試験の手応えとメンタルについて

リスニングについて

HSKの試験は大学内で行われて、環境はとてもよかったです
リスニングは35問目くらいまでは順調に行けた気がします
ただ過去問を解いてなかったので、いきなり2問連続とか3問連続の問題に対応できませんでした

リーディングについて

全然時間が足りませんでした・・・・
残り時間5分の時点で、10問も解き残しがあり、最後はほぼ感で解答しました
時間配分が難しかったです

作文について

作文は並び替えもそんなにうまく解けず
出題されたテーマも難しすぎて、点数が取れていないと思います

今回の試験でリスニング、リーディング、作文の合計が60%を超えているとは思えません

メンタルについて

HSKの試験は基本的に月1で開催されるから、緊張がなかったのも事実です
6月がダメでも、7月に試験があるし、7月がダメなら、8月に受験すればいい

今回大学申請は全て終わっているし、大学も合格しているから
今HSK5級に合格しなくても、何にも影響がない

そういった意味で緊張する事なく試験に望めました

↓↓以前に自分自身が書いた記事の一部を引用しますが↓↓

正規留学申し込みの為に、4月末までに中国語の証明書を準備しなきゃいけない

2月のHSK4級に受験すれば、4月半ばに結果が届く
そう思ってHSK4級に申請しようとしたら

試験会場が北海道札幌しかありませんでした
僕は福岡県在住なので道産子はまさに蝦夷の地です・・

しかも雪祭りと時期がちょうど重なり、航空券が割高、ホテル満室
それでもHSK4級を受験する為に「玉砕覚悟」で北海道へ行ってきました・・・・

前回のHSK4級を受験する際は、失敗が許されず
ましてや福岡県から北海道まで受験しに行ったので、めちゃくちゃメンタル的にキツかったです
結果は合格できたので良かったですが

最後に今後のHSKの予定について

7月14日のHSK5級の試験も考えてたのですが

7月の試験は受験しない事にしました

理由としては7月末にTOEICを受験しようと思っている為に
とりあえずTOEICにフォーカスをしようと思います

ですのでHSK5級の再チャレンジは8月にリベンジをします

追記

昨夜から事情が一変して7月に再度HSK5級を受験する事になりました

また分かり次第報告します。


スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク
ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事