ベトナム人の先生とベトナム語を勉強し始めてから、2ヶ月が終了した為に勉強の経過を報告したいと思います

僕は現在日本語、英語、中国語、ベトナム語を話せるマルチリンガルになる日が来ると信じて
日々ベトナム語も勉強しています・・・・

学習開始からベトナム語の成長率で言えば、そんなに伸び率は高くないと思うのですが
もしベトナム語だけにフォーカスをすれば、一気に伸ばせる言語だと思います

  1. 文法がとにかく簡単!!
  2. 僕の感性(直感)がそう言っているから!

中国語を学習した方は、中国語の文法って、英語に比べて単純で簡単だなーって思われたと思うのですが・・・
ベトナム語は中国語に比べて更に単純で簡単だなーって僕は感じています・・・・

なのでベトナム語は暗記作業が得意な方には本当にお勧めしたい言語です


スポンサードリンク

ベトナム語は確実にドカンがやってくる?

コツコツ・ドカンって言葉がありますが!

 

これからの時代、英語や中国語を勉強してもドカンはほとんどないと思うんですよね
英語や中国語を勉強すれば、確かに就職などに(保険として)有利かもしれません・・・・

しかしその分、学習者も多いので競争社会の中で競争する構図には変わりはないので
本当に実力がある方が勝ち残っていき、余った人は旅行業サービス業に流れてしまうと思います

旅行業やサービス業ってやっぱりブラックが多い業界なので・・・・・

それに中華の人口が多くて、中国人って人件費が安いくせに、本当に優秀な人材が多いので
企業目線から見たら、「日本語や英語が話せる人件費の安い中華人が欲しいか」「中国語が話せる人件費が高い日本人が欲しいか」って考えた時に、僕が企業の社長なら優秀な中国人を2人雇用します!

だって同じコストで考えた時に、優秀な中国人2人の方が生産性が良いですもん・・・・

しかしベトナム語はドカンがくる・・・・

マクロ経済学的に見て、日本は少子化で今後ますます外国人労働者が必要となる中で
ベトナム人労働者が日本国内に増え続けいくと言われています

日本の厚生労働省の発表によると!

2017年10月末現在の外国人雇用届出状況を公表した。それによると、日本におけるベトナム人労働者数は前年同期比+39.7%(6万8241人)増の24万0259人で、国籍別で中国に次いで2番目に多かった。
ベトナム人労働者数は、2012年が2万6828人、2013年が3万7537人、2014年が6万1168人、2015年が11万0013人、2016年が17万2018人と増加を続けている。
国籍別に見ると、ベトナムは外国人労働者全体の18.8%に当たる24万0259人で、中国の37万2263人(全体の29.1%)に次いで多かった。

この数字を見て分かると思うんですが 

中国人労働者37万2263人 

ベトナム人労働者24万0259人 

中国人の人件費が高騰していて、年々中国人労働者が減少していく中で
在日ベトナム人労働者は年々増え続けています!

なのにベトナム語学習者って圧倒的に少ないじゃないですか?!

こういった数字を見ていけば、ベトナム語を勉強する事って物凄く美味しいと思い
僕はベトナム語も勉強しています!


スポンサードリンク

語学とはケーキのレイヤー(層)だ

僕は語学にしても、知識にしても「ケーキのレイヤー」だと思っています

基礎文法を理解して、単語を覚えて
1つ1つ層(レイヤー)が積み重なっていく、そして最終的に美味しく味わう!

英語も中国語も順調に進んでいるので、ベトナム語も確実に扱えるようにする
自分自身の価値を高めていき、いずれは自分が望む場所から必要とされる人間になる

今日も御購読ありがとうございます
また更新します!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おすすめの記事