僕が皆さんに僕自身が底辺の人間であった事を打ち明けているのは、このブログで大事なのはお金でもプライドでもないからです!
底辺派遣社員の「台湾ワーホリ挑戦という情熱をこのブログでは大切にしていきたいです

活動目標 台湾での戦略的目標とその後の夢

現在は見事に底辺社会に生きる僕ですが、「貧困と格差」「教育」について深く勉強して必ず羽ばたきます!
ずっと続いていく未来へと向かう為には、自分自身の発展と繁栄が必要です!
だから台湾ワーホリには僕の未来を賭けて来ています!

僕は確かに能力も学歴もコネも金もありません、しかし情熱だけはあります!

具体的に将来何をするのか?!

この底辺の僕が将来何をするのか、気にならないですか?!

それは祖父が残した遺産未来永劫ずっと繋げていく事です

僕の家は今年2017年に誕生した世界遺産から3分の場所にあります!

そして家から2分の場所にある神社は、最近CMの撮影をした事で、全国的に人気となり。僕の実家は観光地として最高の立地にあるんです。

だから将来的には実家の大きな家でゲストハウスを始めて、多くの外国人の方に来ていただきたいです!
祖父はかつて中華民国にいたから、特に台湾人の方々に来てもらいたいんです!

プロフィールを読んでくださった方はご存知だと思いますが、僕の祖父は北支北満(当時の満州国)に駐在していました。

僕のプロフィールはこちら

大東亜戦争終結後、祖父はシベリア抑留に遭いながらも無事に生きて日本に帰還され
その後結婚して家庭を築き、祖父→父→そして僕へと世代が受け継がれてきました。その後も我がコーズマ家の発展繁栄の為に全力で生きてくださり、300坪の土地に大きな立派な家を建ててくださりました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祖父から父へ、そして長男である僕が家督を受け継ぎ発展繁栄を考えて、次の世代にバトンを渡す本来ならこうあるべきだったのですが!

人生には多くの試練が待ち受けていました。

あるあるの親子喧嘩です。。。。。

 

今考えたら、原因は母親にあったのかな?とも思います(言い訳ですが)
母親は僕が小さい頃から家事、掃除、洗濯、料理、これでもかってくらい何もしませんでした!

父が仕事から帰宅しても、食器は洗ってない、料理も作ってない、
当然ながら父も母親に激怒します、ほぼ毎日夫婦間で喧嘩でした。

次第に子供への当たりも強くなり、僕も両親に反発するようになり!
僕の中学校時代は家庭の雰囲気は最悪でした。

両親夫婦は毎日喧嘩、父親はいつも怒っていて
僕が反発すると両親から「家から出て行けーーーー」と罵声が飛んでくる日々にしびれをきらし

「出て行ってやるよ、こんなクソみたいな家」

こんな感じで中学卒業と同時に進学せずに家を飛び出してしまいました。

 

家庭はそれほど貧しくなかったのですが!
自ら底辺社会に飛び込んでしまい、人生」飛車角落ち、ほぼ詰まれている状態です。

ただ

 

自ら選び進んだ道、仕方がないのですが!

祖父が命をかけて国家と我が家の繁栄の為に残してくれたバトンを終わらせたくない、
これからもずっと続いていく未来の為、僕自身も成長して未来へと繋げたい!

この情熱が僕を台湾ワーホリへと導いてくれました!

今では月日も流れて、親子間は仲良く過ごしています。

過去を遠くまで振り返れるなら、同じくらい未来だって見れる!
目標を持ったら、努力するしかありません!

我が福岡県建国の父・黒田長政公の言葉で!
「今に至りて我等が分別は槍先に在り」
「戦の火蓋は切られた、今更それを嘆いたとしてもどうにもならない、この勝敗の行方はもはや自分の槍に賭けるしかないと言ってるように、本当に自分自身の努力しかありません。

 

自分自身が底辺だからこそ、原因を追求し、解決しなければなりません!
僕は20代ですので、ワーキングホリデーという機会がありました!

目の前にある機会(チャンス)を生かして!
どのようにすれば良いのか具体的に計画して!

皆さん、底辺の人間の可能性を見ていてください!
とりあえず努力します!!

底辺派遣社員の僕が10年前の自分に手紙を書いてみた


スポンサードリンク