スポンサーリンク

今日は台湾を救った1人の日本人について書いて行きたいです

根本博」って歴史の教科書に出てこないですし
多分、彼を知っている人は少ないと思います

そこで今日は根本博と蒋介石の友情の秘話
そして今日に渡る台湾の発展の礎を築いた男の真実を紹介したいと思います

根本博って誰?!

最初に結論を言いますと・・・・

台湾を救った男です

大日本帝国陸軍中将及び中華民国陸軍の軍人!

第二次世界大戦(日本側の呼称・大東亜戦争)に置いて、北満北支(満州国)に駐在していた軍人なのですが
1945年8月15日に昭和天皇が御聖断を下されて、日本は無条件降伏(ポツダム宣言受諾)しました

当然帝國陸海軍及び満州国の関東軍は武装解除をするのですが
根本博率いる守備隊だけは武装解除をしませんでした

その理由は4万人にも及ぶ一般日本人が北満北支に居留していた為に
もし武装解除をしてしまうと、ソ連が一気に南下して、日本本土まで流れ込む危険性があった為です

なんとしてでも4万人の日本人を無事に日本本土へ送り返す為には、ソ連の南下を阻止しなくてなりませんでした

根元は「責任は全て取る」と言い放ち、8月15日以降も、日ソ不可侵条約を破って南下してきたソ連軍と戦闘を続けます。
そして根本博率いる守備隊がソ連を食い止めた為に、多くの日本人が逃げる事が出来ました!


スポンサードリンク

蒋介石との友情

4万人の日本人が無事に日本本土に戻れたのは、蒋介石の手助けがあったからとも言われています

当時の大陸には帝国陸軍と関東軍100万が健在でした!
日本は支那に置いては連戦連勝だった為に、蒋介石側も変な挑発をする事なく、日本人引揚者達を見送ります

根本博は、蒋介石のその行動に感激し恩を感じる事になります・・・・・
その後、根本博も無事に日本へ帰還したのですが

中国大陸では「国共内戦」が始まります!
(国共内戦とは、国民党と共産党による内戦の略称)

共産党率いる八路軍はソ連からの物資の支援を受けて勢いに乗って行きます
逆に米国のマーシャル将軍は国民党への物資の支援を停めて

国民党軍は敗走に次ぐ敗走で、台湾まで後退する事になりました

蒋介石君大ピンチ( ´Д`)y━・~~

アメリカから支援を受けれない状況の中で蒋介石が頼ったのが・・・
そう旧日本軍でした!笑

根本博の台湾への密航

終戦後、日本は極東軍事裁判(通称東京裁判)を終えて、復興へと向かう準備に向かってたのですが
中国では国共内戦の泥沼状態でした

根本博は、恩人の蒋介石が大ピンチだという事を聴いて、居ても立っても居られなくなり
家族に「釣りに行ってくる」と置き手紙を残して

根本はなんと、漁船で台湾へ密航して蒋介石に会いに行くのです・・・・

無事に蒋介石との再会を果たした根本は、国民党が置かれている戦局を理解し
敢えて蒋介石へ「廈門は捨てましょう」と進言します

大日本帝国の戦法で八路軍(共産党)を撃破

写真をみて分かる通り、「廈門島」と「金門島」は目と鼻の先の距離です!
根本は共産党が廈門経由で金門島へ上陸することを予想していた為に・・・

大日本帝国が用いた塹壕作戦を立案します

塹壕作戦とは、陸軍の小笠原兵団兵団長・栗林忠道大将が発案した戦術で
硫黄島の戦いや沖縄戦でアメリカ軍に大損害を与えています

水際作戦とは異なり、島の奥深くに地下壕を深く掘り
敢えて敵に上陸をさせてから、集中砲火を与えるという戦術です・・・・

当時八路軍(共産党)は巨大戦艦など持っておらず
大量の小舟で金門島へ上陸を開始します・・・・

八路軍の軍勢が砂浜に終結した時・・・・
根本率いる国民党は、共産党の小舟に火を放ち、船を燃やした為に
八路軍はたちまち退路を絶たれてしまいました。

そこに集中砲火を浴びた共産党軍は大損害を屈して、多くが捕虜となりました!

この戦いが台湾の教科書でも教える、「古寧頭戦役」という戦いです!

台湾存続の道へ

この根本らの活躍があり、国民党は金門島の防衛に成功しました

そして朝鮮戦争が勃発

朝鮮半島で南北が戦闘を開始して、アメリカ軍が韓国側として介入してきた為に
共産党も朝鮮へと全兵力を向けて、台湾に構う暇がなくなりました
その間に、アメリカも再び台湾へ物資の援助を再開したために
今日の台湾が民主主義であり、自由が守られています!
もし機会があれば台湾人に教えてあげてください
1人の日本人が台湾を救ったんだよ・・・・って


スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク
ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事