台湾ワーホリに行くと決めた時、その動機を両親に説明すると思います。
僕は台湾ワーホリに行くと決めて、両親に理由を話す時に「岡田准一さんから後押しして頂いた事」を両親に話しました!

え?底辺で無能な僕と日本屈指イケメンアイドルにどんな接点があるのって思いますよね?

その疑問、ごもっともでございます!!!!

底辺社会にいる人間(僕)が、天下のアイドル俳優と携われる事はまずありえません!

ならどんな風に岡田准一さんが後押ししてくれたのか・・・・・

  • 僕の故郷福岡県宗像市の英雄・出光佐三を映画「海賊と呼ばれた男」で演じたのが岡田准一さんで、その映画を今年父親と一緒に鑑賞しました
    (写真のチケットは父親のシニアの分です!)
  • 今年の夏に公開された映画「関ケ原」の主人公・石田三成公を岡田准一さんが演じられて、僕は映画関ケ原を映画館に3回観に行きました
    (公開日7月28日と、9月、そして最後は母親と一緒に観に行きました)

 

  • そして以前大河ドラマで我福岡県の英雄黒田如水公(黒田官兵衛)を岡田准一さんが演じられて、岡田准一さんの影響は僕の人生において物凄く強いです。

だから僕も

先人達に続きたい・・・・・

でも僕は本当に落ちこぼれで、なるようにして底辺派遣社員になってしまいました。
小学校6年生の2学期の通知表では「できる」が1つしかありません。涙


もう小学生の頃から未来なんてなかったのかもしれません!笑

ただ岡田准一さんが主役で演じるそれぞれの映画を父親、そして母親と鑑賞して、「自分達も、もう少し未来を見ようよ」って率直に思いました!

海賊と呼ばれた男では、僕の故郷で生まれた出光佐三さんが、「油売っちゃるけん」って言いながら
小さな商店だった油屋を激動の時代の中で、日本の石油王にまで上り詰める内容の映画で!

関ケ原は、岡田准一さん演じる石田三成公が太閤秀吉公が築いた天下の安泰を願い「大一大万大吉」の旗を掲げて戦い


三成公以外の大名達も、領土を守る為に、政治的駆け引きを行ったり、裏切ったり、雌雄を決して天下分け目の戦いに参加したり!

それぞれの映画で共通して言えるのが「発展繁栄」の為に戦うって事です!

両親と観た岡田准一さん演じる2つの映画に情熱を与えていただき!

僕は台湾に行く前、両親に「もう少し未来に関心を持とうよ、このままだと、もうこの家系は俺の代で終わってしまう!
なるようにしかならないという考え方は成長を諦めたのと同じだよ」
って何回も話をしました。

父親には色んな哲学の本を紹介してみました!

両親は僕が小さい頃から放任主義という名の無関心教育でした。

底辺派遣社員の夢←←この記事で紹介している通り、僕が底辺になったのは両親の教育が確実に影響しています。

晒したくないけど、これが僕の母親の実情です・・・・・

小さい頃から部屋はゴミ山で、料理も作らない、掃除もしない、それが原因で毎日夫婦喧嘩で、子供の僕に対しても理不尽に当たり散らかす環境でした!
両親から大切な事も教えてもらえない・・・・

(ちなみに小6の頃の体重は28キロしかありませんでした!笑)


もう絶対にこの家を出ると決めていたので、中学卒業と同時に家を出て岡山県に働きに行きました!

しかしこの行動が貧困連鎖へと繋がっていくのです!

学歴も能力もないから、単純作業労働者になるしかありません
僕は人生初期において飛車を落とされ、ほぼ詰まれています

子供の頃に父親や学校の先生が「夢を持て」「勉強しろ」とか漠然とした事を良く言ってたのを覚えていますが

僕が本当に知りたかったのは 「何で?」「その原因は何?!」というような具体的な原因と結果です!

  • 成功した人達の色んな具体例
  • 成果を得るために、なんの知識を得ればいいの?!
  • 失敗した時のリカバリー方法は?!
  • どんな練習をしたら能力を最大まで高められるのか?
  • 状況に応じた解決策を丁寧に教えてもらえたのなら・・・・・・

後は自分で考える事ができました!!!

 


スポンサードリンク

話はだいぶずれてしまいましたが、岡田准一さんの映画に影響を受けて、後押しされて、台湾高雄にやってきて3週間がたちます!

台湾ワーホリ自体、僕の人生において


立場的には敗戦間近の西軍ですが・・・・・!


過去
を遠くまで振り返れるなら、同じくらい未来だって見れるはずだ!

よし今日も頑張ろう!

今日も御講読ありがとうございました。


スポンサードリンク

にほんブログ村 外国語ブログ 台湾語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ベトナム留学情報だけを書くサイトも始めました
おすすめの記事